発明報奨制度

當社は、研究者が他社に影響を與える特許を出すインセンティブとなるような発明報奨制度を採用しています。特許出願をした場合、発明者に対して、出願時および登録時に報奨金を支払います。登録時の報奨金は、発明の畫期性?獨創性および特許権としての他社への影響度を考慮する當社獨自の評価に基づいて決定します。

現在の制度は2018年から導入したもので、それ以前は、特許発明を自社で実施することによる事業利益に基づく発明報奨制度を採用していました。なお、現制度は2018年以降に出願した特許に適用し、2017年以前の出願には従來制度を適用することとし、當面は二つの報奨制度を併存させます。