2020年05月14日経営リリース

AGCが製造を受託するCytoDyn社の新型コロナウィルス向け治療薬候補「レロンリマブ」が、米國での臨床試験進行

AGC(AGC株式會社、本社:東京、社長:島村琢哉)のCDMO*1事業子會社であるAGC Biologics社(本社:米國)が原薬製造を受託している、米國CytoDyn社の開発した新型コロナウィルス向け治療薬候補「レロンリマブ」について、米國FDAが第2b/3相臨床試験実施を承認しました。
CytoDyn社の開発した「レロンリマブ」は、HIVや乳癌の患者向けに開発されている治療薬です。本治療薬を新型コロナウィルスの患者に投與することで、サイトカインストーム*2を抑制する効果等があり得ると考えられています。既に米國の新型コロナウィルス重癥患者に実際に投與され、効果が確認されたことから、今回の臨床試験進行の承認がなされました。

AGCグループは、製薬會社の新型コロナウィルスワクチンや治療薬の製造を擔い、新型コロナウィルスの感染拡大の抑止や流行の終息に貢獻していきます。

*注釈
*1 CDMO: 製造受託に加え、製造方法の開発を受託?代行する會社 (Contract Development & Manufacturing Organization)
*2 サイトカインストーム: 感染癥などの原因により、血中サイトカインの異常上昇が起こり、多臓器不全にまで進行する狀態

ご參考

■CytoDyn社について
CytoDyn社は、複數の適応癥に対応可能な、革新的な治療法の開発に焦點を當てたバイオテクノロジー企業です。同社の開発する「レロンリマブ」は、ウィルス侵入阻害剤と呼ばれる新しいクラスの治療薬に屬し、HIV等の治療のためのモノクローナル抗體の1つです。詳細は下記URLをご覧ください。
URL:https://www.cytodyn.com/
◎本件に関するお問い合わせ先:
AGC株式會社 広報?IR部長 玉城 和美
擔當:北野
TEL: 03-3218-5603
E-mail: info-pr@agc.com